半熟介護.com

固すぎず、柔らかすぎない介護情報

資格

平成28年度介護福祉士国家試験 受験資格詳細 実務者研修について


介護福祉士になるには、大きく分けて

  • 実務経験ルート
  • 福祉高校ルート
  • 養成施設ルート

以上の3つのルートがあります。

中でも、福祉高校ルートと養成施設ルートの場合は学校なり養成施設に入ってしまえばいいだけなのであえて取り上げませんが、実務経験ルートの場合は働きながら準備、勉強、受験の申し込みなどを自分で行う必要があり、なかなか大変です。

そこで、実務経験ルートに焦点を当てて解説していきます。

スポンサードリンク

要注意!今年度から大きく変わった実務経験ルート

昨年度までは実務経験が3年あれば受験出来た介護福祉士国家試験ですが、今年度からは実務経験3年に加え、

実務者研修

という研修を受ける必要があります。

実務者研修って何?

先ほども言ったように介護福祉士国家試験を受けるのに必須の研修です。

450時間の研修を通じて、介護に必要な知識、技術はもちろん一部の医療的なケアも学ぶ事が出来ます。

すでにホームヘルパーや介護職員基礎研修などを修了されている場合は資格に応じて受講が免除される項目があります。

スポンサードリンク
  • ホームヘルパー3級 30時間免除
  • ホームヘルパー2級 130時間免除
  • ホームヘルパー1級 355時間免除
  • 介護職員基礎研修 400時間免除

450時間から上記免除時間を差し引いただけ受講すれば初任者研修を修了できます。

また、実務者研修を修了した方は施設のサービス提供責任者になる事も出来ます。

つまり、研修とはいっても介護福祉士の一歩手前の資格のようなもの。

介護施設に就職を希望されている方なら持っておけば圧倒的に有利です。

お金はいくらどのかかるの?

かかる金額も受講内容に比例して大きく変わってきます。

一番少なくすむ介護職員基礎研修修了者で3万円前後といった感じです。

お近くのスクール検索、資料請求などは以下のサイトをご参考にどうぞ。

ケア資格ナビ

 

通信講座を利用することで働きながらでも無理なく受講できるものがほとんどです。

介護職として働いている方はもちろん、介護職への転職を考えている方にも必須実務者研修。

早めに受講して国家試験への準備を万端にしておきましょう!

スポンサードリンク

-資格
-,