半熟介護.com

固すぎず、柔らかすぎない介護情報

NEWS

堀江貴文氏の 介護は誰でも出来る 炎上発言について一晩考えてみた。


Twitter炎上芸人こと堀江貴文氏が「介護は誰でも出来る仕事だから永久に給料は上がらない」と発言し話題になりました。

そもそも、堀江氏がこう言ったことを発言するのは初めてでも思いつきでもなんでもなく、以下でご紹介するインタビュー記事でも同様の発言をしています。

みんなの介護 ストレートにまずお伺いしますが、介護業界全体が抱えている現状として、従事している人たちの給料が平均的に安く、現場の従事者たちからも不満が出ている……という現状があります。この現状に関して、堀江さんはどう思われますか?

堀江 はっきり言ってしまうと、給料は上がらないと思いますよ。構造的に上がることは難しいでしょうね。

みんなの介護 ……かなりストレートなお答えですね。

堀江 そもそも介護報酬って、介護保険で決められていますよね? あとこういうことを言うと身もフタもないかもしれませんけど、介護って「誰でもできる」仕事なんですよ。「誰でもできる」仕事は、報酬が高くなる可能性は低い。だから、これからは省力化、ロボット化がより進んでいくと思います。外骨格スーツやパーソナルアシスタントロボットは、これからどんどん普及していくんじゃないかなと。

引用元:「賢人論。」第1回堀江貴文氏(前編)

「誰でも出来る」というのにはバカにするニュアンスというよりは「誰でも出来るに制度化されている業務」という意味合いが強いようです。

スポンサードリンク

本当に給料は上がらないのか

私の見解ではお給料は上がります。

他職種の平均と比べ年収が100万円ほど低いとされている介護業界。

職員不足が叫ばれている現状では介護報酬や処遇改善手当のアップを断続的に行うことで徐々に他職種の水準までは近付くものと思われます。

それでやっと他職種の平均水準ですので、今がいかに低い賃金で働いているのかがよく分かります。

「誰でも出来る」からの脱却は出来るのか

「誰でも出来る仕事」をロボットやAI、低賃金の外国人やパート職員などに振り分け、技術を有した人間でないと難しい認知症高齢者への対応のみを有資格者が行うようにすることが重要ではないでしょうか。

当ブログで重点的に取り上げている「ユマニチュード」などの技術を身につける事が「誰でも出来る介護」からの脱却への道かもしれません。

ユマニチュード入門で基本を学ぶ まず語源や意味を知って思想に触れる。

スポンサードリンク

介護予防こそが優先課題

前出のインタビュー記事において、堀江氏は予防の重要性について語っています。

堀江 僕が大事だと思っているのは、何よりも「予防」です。検診とか受けてない人、多いと思うんですよ。僕は刑務所にいた時に周りの人たちを見て実感したんですけど、病気を予防する意識が低い。例えば60歳で歯が完全に無い人がいたんですけど、これってほとんどが歯周病のせいですよね。でも歯周病って、定期的にきちんと歯医者さんに通っていたらならないんですよ。

他にも、身体を鍛えていないから足腰が弱ってしまう人も多い。自分の足で歩けないとすぐ寝たきりになる、寝たきりになるとボケも加速していき介護がより必要になる。健康への意識が低いたちがいて、そういう人たちが結果的に介護のお世話になっている、という状況はあると思うんです。

引用元:「賢人論。」第1回堀江貴文氏(前編)

予防医療、介護予防に注力し、そもそも介護のいらない世界を目指すことが重要、ということのようです。

実際、彼はピロリ菌除菌による胃ガン予防プロジェクトにも関わっています。

胃ガンの原因99%がピロリ菌 ホリエモンの ピ プロジェクトとは?

要介護者の数が予防により減り、ロボット化により必要な職員数が減るということが同時に起こっていけば、職員の給料が上がったとしても必要とされる職員の質も同時に上がっていくものと思われます。

本当に介護の好きな、意識の高い職員だけが生き残れる時代になっていくのかもしれませんね。

スポンサードリンク

-NEWS
-, , ,