半熟介護.com

固すぎず、柔らかすぎない介護情報

介護予防

人間ドック 健康診断は必要ないのか 毎年受けるとリスクが上がるという意見も。


 

4月11日放送のTBS系『直撃!コロシアム!!』で本音をぶっちゃけた医師たちが、人間ドックの問題点について語った。

同番組に出演していたおおたけ消化器内科クリニックの大竹真一郎院長は「人間ドックは問題だらけ」とまで言い切る。年に1度の人間ドックの結果に一喜一憂している人には衝撃的な話。

「いい加減なところが多いし、言われるがままにすべての項目を受ける必要はまったくない」

引用元:医師のホンネ「人間ドックは必要ない」「余命わからない」 | NEWSポストセブン

全くの無意味、という訳ではないにしても、人間ドックの検査結果を盲目的に信じて全ての項目を受ける必要はないという事らしい。

スポンサードリンク

医師のいいなりにならず、自分の意志をしっかり持とう。

とは言っても何を受けた方が良くて何は受けなくてもいいかなんて素人にはわからない・・・

「例えば、全身を一度に撮影してがんの早期発見をするPET検査。がんと診断された人を詳しく調べるためにPET検査は必要ですが、健康な人は受けなくていい。PET検査をやった人とやっていない人で死亡率の差はまったくないですよ。何十万円もする検査ですが見逃しが山ほどある」

引用元:医師のホンネ「人間ドックは必要ない」「余命わからない」 | NEWSポストセブン

なるほど、一律にどの検査が無駄というよりは、受ける人の状況によって必要な検査は変わるという事か。

 

それでもガン検診だけはやった方がいい!

人間ドックに意味があるという医師だって当然居る。

一方、同番組に出演した医師で医療ジャーナリストの森田豊氏は、番組で「人間ドックは意味がある」と回答していた。

「人間ドックで見つからないケースもありますが、多くのがんは検診で見つかります。罹患者が多いということで地方自治体が推奨している乳がん、子宮がん、肺がん、大腸がん、胃がん検診。これは絶対にやった方がいいです」

しかしこの医師も人間ドック自体というよりはガン検診だけは絶対受けるべきと話す。

全てがワンセットになった検査なんて、数年に一度で充分なのかもしれない。

 

人間ドックに毎年行くと寿命が縮む!?

それでも安心を得るために毎年受けたいという方もいる事だろう。

しかし、元慶應大学病院のがん治療医である近藤誠氏は、「人間ドックに毎年行くと寿命が縮む」という考えを持っている。

「今は機械が精密になっているから、数ミリの小さな腫瘤も発見されてしまう。脳に腫瘤を見つけられて、いつ破裂するかわかりません、なんて言われれば、手術して切除しようと考えるのも無理ないでしょう。

スポンサードリンク

でも、脳腫瘍の場合、1センチ未満の腫瘤が1年以内に破裂する可能性は0.05%です。20年経っても1パーセント。一方、脳腫瘍の手術を受けて、後遺症が残る確率は15パーセントです。どちらが危険でしょうか? 毎年きちんと人間ドックを受ける人ほど、小さな腫瘍を発見されてしまうから危険なんですよ。

血圧やコレステロールなんかもそう。ちょっと基準値を外れるだけで異常とされ、薬を出されてしまいます。血圧140mmHgで降圧剤なんてとんでもないですよ。適正な血圧は人によって違うのです。それを一律に下げようというのはおかしい。そもそも高血圧値の基準は根拠のはっきりしない恣意的なものです」

引用元:人間ドック 毎年受けるほど健康リスクが上がると近藤誠医師

なるほど、人間ドックを毎年受ける事で小さな以上を早期に発見され、曖昧な判断基準で薬や治療を施される事で副作用や後遺症に苦しむ結果に繋がるという事らしい。

実際、人間ドックを受けた人の約90%からなにかしらの異常が見つかり治療が始まるというデータもあるので、何も考えずに医師のいいなりで受けるのは考えものだろう。

 

「ガンは早期発見すれば治る」も嘘?

人間ドックを受けてガンを早く見つけられる事はメリットに挙げられるのではないかと思うが・・・

「検診でがんを早期発見すれば、治療しやすいというのは思い込みであって、科学的に証明できるデータはないんですね。それより問題は、検診で“がんもどき”を発見されて、受けなくてもいい治療に駆り立てられることです。今すぐ手術しないと治らないとか脅されて臓器を切除されたり、抗がん剤の副作用で苦しめられる可能性があり、そのほうがよほど有害。不要な治療によって寿命が縮むこともありますから」

“がんもどき”というのは、近藤氏の命名で、放っておいても転移しないがん細胞のことである。「検診で見つかるがんは、ほとんどがんもどき」だと言う。

引用元:人間ドック 毎年受けるほど健康リスクが上がると近藤誠医師

近藤氏によると、ガンを早期発見した事で治療しやすいというデータはなく、この場合も薬や治療による副作用、後遺症の方が問題だと言う。

 

まとめ:情報を活用し、自分の身は自分で守る!

インターネットで医療に関する情報も得やすくなっている現代社会では、医師の言う事を盲目的に信じる人も随分減ってきている事とは思う。

この記事で取り上げた医師たちの意見も取り入れつつ、自分の頭で考える事が必要なのだ。

検査をいつ、どのくらいの頻度で受けるべきか。

見つかった異常に対し、どんな治療法や薬を使用するか。

色々な情報を入れつつ自分で考えて選択する事が重要だろう。

スポンサードリンク

-介護予防
-,