半熟介護.com

固すぎず、柔らかすぎない介護情報

Siri

高齢者iPhoneユーザーにこそ使って欲しいsiriの便利な機能


今秋正式リリース予定のiOS10とMacOSですが、待ちきれない私はBeta版を使って一足早く楽しんでます。

中でも大きなアップデート内容がMacで音声アシスタントのSiriが使えるようになった事。

そこで今回はSiriに注目し、スマホでの文字入力が苦手な高齢者の手助けになる様な便利な使い方をお伝えします

スポンサードリンク

Googleで検索する方法

「Hey,Siri」か、ホームボタン長押しでSiriが起動します。

「ウェブで〇〇を検索して」と言うのが良く知られているのですが、少し堅苦しすぎる気がしますよね。

もっと簡単な言い方をこの度発見しました!

〇〇をググって

Siriに「ググって」は通用しないだろうと言う思い込みが邪魔をしてましたが、試しに言ってみると通じたのが嬉しかったです。

IMG_1024

Googleアプリ

連続してたくさん検索する場合はGoogleのアプリを開いた方が早いかも。

画像では「Googleアプリを開いて」と言っていますが、言い終わる前にアプリが起動しています。

どうやら、「Googleアプリ」の段階で反応しているようです。

IMG_1027

OK,Google

Googleアプリが起動したら「OK,Google」と言った後に検索して欲しい言葉を言います。

間違えて「Hey,Siri」と言っても、それが検索されるだけです。

スポンサードリンク

他のキーワードに「hey siri 使えない」なんて出ているのがちょっと悪意を感じます。

IMG_1021

Siriをちょっとからかって遊んでみる。

Siriは検索以外にも色々な受け答えをしてくれるのが魅力です。

例えば、Siriに間違えて「OK,Google」と言ってみると・・・

IMG_1022

ちゃんと反応があります。

ちょっと不機嫌になってる感じも出てます。

調子に乗ってもう一回言ってみると、

IMG_1025

調子に乗るのはこの辺にした方が良さそうです・・・

ドラゴンボールのフリーザを彷彿させるようなセリフに恐怖を感じました。

 

以上のように、検索は音声だけで何の問題もなく出来るのがお分り頂けたと思います。

ちょっとした日常の調べ物に文字を入力するのが大変で尻込みしてしまう方にぜひ試して頂きたいです。

スポンサードリンク

-Siri
-